資産運用成績稼ぐ

’20/10月資産運用状況 少額投資

資産運用成績
この記事は約9分で読めます。

 

 

私は以下目的にて投資を実施しています。

 

目的 手段 comment
老後向け資産最大化 積立NISA S&P500をベンチマークとするeMAXIS Slim 米国株式に投資
企業DC 手数料の安い世界株の投資信託に投資
お小遣いUP 高配当投資 高配当を狙って個別株、ETFに投資
趣味 FX 資産拡大を目的とせず、趣味で投資

 

 

前回と同様、10月分の資産状況を報告します。

 

 

 

Twitter界隈には数千~数億レベルで投資を実践している人たちがたくさんいますが、自分はまだ資産が大きくなく少額投資を実施しています。

 

これから投資を始めようとしている人たちが身近に感じてくれれば嬉しいです。

 

 

 

 

運用状況

積立NISA

 

私は積立NISAはeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を積み立てております。

 

 

推移は以下の通りとなります。

 

 

10月時点の累計積立額は\320,000で、評価損益は+6.3%です。

 

この時期は米国大統領選挙直前、リセッションとイベントがあり月末に下げました。

 

現時点(11/11)時点で民主党・バイデン氏勝利と報道されておりますが、現職の共和党・トランプ氏も法定闘争に持ち込む動きを取る動きもあることから、まだまだ混乱を極めそうですね、、、

 

 

バイデン氏が米大統領選の勝利宣言、団結約束-トランプ氏敗北認めず
3日に投票が行われた米大統領選で、民主党候補のジョー・バイデン前副大統領が現職のトランプ氏を破って勝利を収めることが確実となり、バイデン氏は7日に勝利宣言を行った。政治的に深く分断され、新型コロナウイルス禍や経済の落ち込みに打ちひしがれた国家の立て直しと結束を公約に掲げたバイデン氏が第46代大統領に就任する。

 

 

どちらの大統領になっても、アメリカ経済の右肩上がりを信じ、淡々と積み立ていきたいと思います。

 

 

米国株に投資する理由
私は現在老後の資金準備、お小遣いUPを目的として投資を実践しております。 老後の資金準備のためにインデックス投資をしており、積立NISAを活用して積み立てております。 ...

 

 

企業型確定拠出年金(企業DC)

続きまして、企業型確定拠出年金(企業DC)です。

 

一部貯蓄がありますが、現在は海外株式向けの投資信託に投資しております。

 

推移は以下の通りです。

 

 

 

米国株式の占める割合が大きいことから、月末下落に合わせて下落しております。

 

こちらも積立NISA同様に淡々と積み立ていきます。

 

 

 

 

高配当投資

 

続いては、高配当投資です。

 

推移は以下の通りです。

 

 

 

次に投資している銘柄は以下となります。

 

 

1万円/月の追加入金は続けているのですが、積立NISA、企業型確定拠出年金と同様に下落しております。

 

 

主なトピックとしては、エクソンモービル(XOM)の配当金維持です。

 

米エクソンモービル、第4四半期配当を前期と同水準に
米石油大手エクソン・モービルは28日、第4・四半期の配当額が前期と同水準の1株当たり0.87ドルになると発表した。

 

毎年増配をつづけてきたエクソンモービルですが、コロナショックによる原油価格大幅下落に伴い、今年は増配とならず配当金維持となりました。

 

この業績の中で配当金維持ができること自体が本当に凄いですね…

 

毎年増配の記録は止まってしまいましたが、まだ連続増配の道は残されています。

 

 

連続増配基準

  • 暦年(CY)の年間配当を基準にした連続増配
  • 会計年度(FY)の年間配当を基準にした連続増配

 

 

”年間配当”が基準となる為、以下エクソンモービルの配当履歴を確認すると、2019年から2020年にかけてはしっかりと増配されています。

 

 

暦年
(CY)
1Q
(1-3月)
2Q
(4-6月)
3Q 
(7-9月)
4Q 
(10-12月)
年間配当 増配率
2018年 $0.77 $0.82 $0.82 $0.82 $3.23
2019年 $0.82 $0.87 $0.87 $0.87 $3.43 6.2%
2020年 $0.87 $0.87 $0.87 $0.87 $3.48 1.5%
2021年

 

ぞの為、エクソンモービルが配当貴族の地位を守るためには2021年のいずれかの時期に増配をする必要があります。

 

私の基本的な株式へのスタンスはBuy&Holdである為、エクソンモービルが配当を維持し続ける限り保有し続けますが、もし、今後減配するとなれば手放し、ポートフォリオを組みなおしたいと思います。

 

 

少額投資であれば、暴落に巻き込まれてもそれほど大きな金額が損失として見えるわけではなく、実際に売買しながら勉強できるのがすごくいいですね。

 

 

更に米国株であれば、1株から購入できる為、魅力に感じます。

 

 

米国株の勉強は主に以下書籍にて勉強中です。

 

 

この書籍を選んだ理由として

個人投資家が優良株へ投資する現実的な方法が初心者の自分にもわかりやすく説明されている
データ入手、算出方法、そして割安であるときの判断基準等具体的に記載してあってわかりやすかった
その他には税金の仕組みや確定申告、配当金のシミュレーションなど初心者が気になるポイントもかみ砕いて説明してあった

 

 

総じて、初心者には本当にわかりやすい本です。
米国株で配当金を得たいという人にはぴったりだと思うので興味を持たれた方はぜひ!

 

 

そして、勉強しながらこれまで得た配当金、分配金の推移はこちらです。

 

 

合計金額$7.94、¥105換算だと¥833.7(前月比+15%)…!!

 

わずかな金額でも積みあがっているのが実感できるので嬉しいですね…(笑)!!

 

今までは、配当利回りが高いものを基準に選定しておりましたが、今後はセクターの特徴や財務情報等を加味しながら銘柄選定を進めていき、自分に合ったルール構築をしていきたいと思います。

 

 

FX

 

推移は以下の通りです。

 

 

 

10月はポジションを持つと逆方向の値動きとなり、結果6回くらいしかトレードできませんでした。

 

 

4年に一度の米国大統領選ということもあって、値動きが激しく、それらに飛びついてしまって捕まるパターンばかりでしたね…

 

 

今後は反省を活かして捕まらないようにしていきたいです…
(そう言いながら、現在も捕まっています…涙)

 

 

 

まとめ

 

10月の資産運用状況をまとめました。

 

ざっと見た感じ、米国大統領選挙の影響や月末リセッションによって、軒並み下げているといったところでしょうか。

 

今後も引き続き情勢を見ながら、淡々と積み上げて頑張っていきたいと思います。

 

 

 

最後に資産形成におけるお勧めを紹介します。

 

まずは、資産形成を始めようという方にお勧めの本です。

 

 

お金にまつわる5つの力を解説して、お金持ちになれることを教えてくれる本です。

 

考え方だけでなく、実行するための具体的な行動まで教えてくれるので、具体的に何をやったらいいのかわからないという方にはお勧めです‼

 

次に、投資効果を最大化するには、投資への入金力(種銭、余剰資金)の最大化が欠かせません。

 

種銭最大化を行うには、まずは自分の現状(収入/支出)を把握し、行動の改善に結び付ける必要があります。

 

その現状を把握するために必要な家計簿アプリについて以下記事にて解説しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

少しでも資産形成を始めようという方の役に立てれれば嬉しいです。

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

”歩いた道こそ武勇伝”

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました