ビジネススキル思考スキル

【要約】USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?

ビジネススキル
この記事は約11分で読めます。

先日このようなツイートをしました。

著者は著者はUSJをV字回復させたマーケター・森岡毅さん。

USJだけでなく丸亀製麺、西武ゆうえんちなどでもマーケティングで復活させた実績がある凄い人です。

複数の本を出版されておりすべて読みましたが、学術的な知識だけでなく、実践的な知識がふんだんに盛り込まれており、また親しみやすい文体なので本当にわかりやすいです。

今回はそのなかでも発想法に関する本。

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?について、私が重要だと思うことをざっくり要約して解説します。

考えろと言われるが具体的に何を考えたらいいのかわからない

何から考えていいのか糸口を見つけたい

同じことをぐるぐると悩んでしまう

このように悩むときはありませんか?

次第に仕事を任されくると否応にも問題に対して自分の意見を発信していく必要が多くなってきます。そのときによくぶち当たる悩みではないかなと。

今回紹介する「USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?」はタイトルと内容がパッとイメージが付きませんが、発想法に悩んでいる方には必ず参考になるはずです。

このような方の参考になれば幸いです。

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?をざっくり知りたい人。
USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?を購入を考えている人。
・アイディアの出し方について具体的に知りたい人。

 

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?」の要約

私は奇跡という言葉が好きではありません

冒頭に書かれている言葉です。

本書はタイトルから想像するにUSJがどのような復活劇を遂げたのか、美談を書いたドキュメント本かと私は初め勘違いしていました。

しかし、読み進めていくとUSJの復活は奇跡ではなく、ある発想法に基づいて作られた練りに練った戦略と戦術によって実現したことであることを知りました。

発想から実行までの実体験をありのまま書かれてあり、なるほど!と思うノウハウと胸が熱くなる物語でもあるので、ビジネス本という側面だけでなく、読み物としても非常に面白い本だと思います。

USJを復活に導いたイノベーションフレームワーク

良いアイデアを生み出す方法とは、良いアイデアを思いつく確率を上げる方法です。
その発想法が”イノベーションフレームワーク”です。イノベーションフレームワークは4つの柱から成り立ちます。
①フレームワーク
②リアプライ
③ストック
④コミットメント

それぞれ詳しく解説していきます。

①フレームワーク

アイデアを生み出すにあたって、最初に最も大切なことは、何を必死に考えれば良いかわかっていることです。
そこで活用するのがフレームワーク。

フレームワークを活用する目的は、探すべきアイデアの手がかり(必要条件)を推理して導き出すことです。フレームワークについて、本書では戦略的フレームワーク、数学的フレームワークが解説されています。

戦略フレームワークとは、目的、戦略、戦術において達成するための必要条件を考える方法です。

イメージは以下の通り。

【出典:USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?

目的: そもそも達成すべき命題は何か?
戦略: 目的達成のために経営資源を何に集中するか? 
戦術: 具体的にどのように実現させていくのか? 

戦略がアイデアの必要条件,戦術がアイデアとなります。

次に、数学的フレームワークです。

数学的フレームワークとは、数学的な思考を使ってビジネスの因果関係を論理的に分析し、現象の奥底にある問題の本質や可能性に辿りつくアプローチです。特に問題の原因の発見や、可能性の発見に向いています。

本書では数学的フレームワークについて以下のように表現されています。

宝(本質)がどこにあるのか、足して100になる仮説を立てて検証するやり方です。

この考え方はMECEMutually Exclusive and Collectively Exhaustiveの略。ミーシーまたはミッシーと呼ぶ。)と同じ考え方だと思います。

MECEとは、日本語にすると「モレなく、ダブりなく」という意味です。

物事を考えるときに、必要な要素を網羅しながらも、それらが重複しないようにする考え方を指します。ロジカルシンキング(論理的思考)で必要となる基本概念です。
【出典:【ロジカルシンキング】MECE(ミーシー)とは? 基本概念とフレームワーク活用法

これらフレームワークに共通する目的は、“何を”考えるべきか明確すること

明確にする方法は、前提や関連する考えを可視化することだと思います。

そうすることによって、何について議論しているか、考えているかが明確になり、また、もれやダブリだけでなく、スジが通るかなどもないか確認できます。

考えているときや議論しているときは目の前に必死になって本来の目的(何を考えるべきか)に気づかないことがあるので、可視化することで客観的、かつ、俯瞰的に考えることが可能になります。

可視化するために、私は”Mindmeister“を活用しています。

Mindmeisterを活用してメリットを感じる点は以下の通り。

・webアプリなので物理的にかさ張らない
・オフラインでも使える。
・自動保存される
・すぐに探せる
・参考にした記事、動画に飛べる…etc

もし紙などのアナログ管理が苦手な方にはぴったりなwebアプリです。登録すれば無料でも使うことができますのでご興味のある方はぜひ‼️

MindMeister: Online Mind Mapping and Brainstorming
Create, share and collaboratively work on mind maps with MindMeister, the leading online mind mapping software. Includes apps for iPhone, iPad and Android.

無料版だとマインドマップを作れる枚数が制限されるため、私は有料版を使っています。

②リアプライ

フレームワークで考えるべきアイデアの必要条件が明確になったら、最初にこの世界中のどこかに、過去から現在に至るどこかに、似たような問題に直面した人がいるのではないか? と疑ってかかりましょう。

世界中から同じような問題に対するアプローチがないか探します。自分で考えるのは最後の最後です。

目に見えるものそのままパクるのではなく、目に見えないアイデアそのものを抽出し、自分なりにアレンジしながら活用しましょう。

そうすることで、本書では以下メリットがあることを解説しています。

①どこかで成功しているアイデアを土台にした方がプロジェクトに圧倒的なスピードをもたらす
②どこかの消費者で試されている分だけ成功の確率も高い
③これが最も重要なのですが、アイデアを自分で生み出すための引き出し(ストック)がものすごく増える

これらのことを意識して、時間を有効に活用していきたいですね。

③ストック

ストックとは、日頃から役立ちそうなアイデアを獲得できるよう、アンテナを張り巡らせることです。

知らないと気づけません。気づけないと考えられません。

ストックをすることによって気づきのきっかけを作りましょう。

ストックをする上で大事なことがあります。
それは、アイデアの強みが発揮される文脈(前提条件)を理解することです。

文脈について本書では釣りを例として以下のように表現されています。

その漁場の潮流や地形の理解、魚の習性をどれだけよく知っているか、エサや使う道具に関する知識の豊富さや、経験則に基づく具体的な釣り方のコツなど、釣果を上げるために必要な知識と経験値の総量です。

文脈をより理解を深めるためには、実際に体験することが役立ちます。経験することで気づけることが多いためです。

著者はUSJにモンスターハンターを導入する際に、モンスターハンターの世界観や何が面白いのか理解するために、睡眠時間を削り、400時間もプレーした徹底的に消費者理解に努めました。そうすることで、困りごとや新たな価値に対して解決策を思いつく確率を上げることができます。

このことから、著者はマーケターはまずは何でもやってみることを習慣にすべきと提言しています。
この考えに私も共感しています。

これまで仕事上マーケティングの勉強をすることがありましたが、どうしても本だけだと学術的な知識となり、自分の腹に落とし込めるかわかりませんでした。そのため、自分で実践してみようと思い、このブログを立ち上げ、多くのことを学んでいます。

例えば、サイト設計をする際には訪問者に何ができるかSWOT分析を実施、記事作成の際には、ペルソナを設定することでなにか価値提供ができるか明確ににするなど知識を実践することで多くのことを学ぶことができました。

この経験を通じて、実践に勝る勉強はないと感じています。
本によって得れる知識はたくさんあります。しかし、言葉だけではうまくイメージをつかめないこともあり、また、経験することで気づきを多く得ることができるので、上達するためのアイデアが浮かびやすくなります。

初めてのことは臆して動けないときが多々ありますが、小さなことから始めて可能な限り経験するようにこれからも心がけていきたいですね。

④コミットメント

コミットメントとは、アイデアを考えつくまで考え抜くという覚悟です。

これが一番必要なスキルだと思います。
この姿勢がベースにあって、初めて上述してきたスキルが活きてくるはずです。

ただこの覚悟は簡単にもつことができません。
持つにはどうしたらいいか?

私は、生存意識を刺激することなのではないかと思います。

これまで安泰と言われた企業も今や生き残ることに必死です。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

それに合わせて、サラリーマンはいつリストラされるかわかりません。

リストラしたい会社と、しがみつきたい社員 双方を苦しめる「成功体験」の正体
パナソニックの“リストラ”報道が話題となっている。人員削減したい企業、そして会社に残りたい社員。双方はそれぞれ成功体験を抱えていると筆者は指摘し、その成功体験を捨てない限り、不幸な人員削減が続くと解説する。

本業においても副業においても、結果を出して稼がなかけれ、家族を養うことができなくなります。

家族が養えない。その状況だけは絶対避けたい。

こらら状況を絶対避けるために、いつでもどんな風になっても稼げるようにいろんなことにチャレンジして少しでも結果を残せるように徹底的に考え抜いていきたいなと思います。

私が投資を始めたきっかけ
私は少額ながら投資をし資産運用を始めております。投資を開始する理由については人それぞれかと思います。 投資で一発当てて悠々自適に暮らしたい 配当金による不労所得を得てFIREを実現したい…etc この記事においては私が...
資産形成に役立つ制度
様々ある資産形成に役立つ制度を比較しました。どの制度を選んでよいか迷っている方に参考になれば嬉しいです。

最後に

本書を読んで印象に残った言葉があります。

私はアイデアを考えるときは、まず目的を徹底的に吟味して定め、 その次にアイデアが満たすべき「必要条件」を一番時間をかけて考えます。 そしてその必要条件を組み合わせ、より条件を絞り込んで、 自分が必死に思いつくべきアイデアの輪郭をできるだけ明確に絞り込んでいきます。 具体的なアイデアを考え始めるのはいつも最後の最後なのです

この本の主旨を凝縮している言葉だと思います。

人は最初は思い立っても次第に時間が立つと達成すべき目的を忘れてしまいます。
それは等しく、個人においても集団においても起こり、本来の目的を忘れて別なことに論点が集中してしまうことでエネルギーを消費し疲れてしまいます。

そのような状況を避けるために、本書で紹介された発想法を活用し、考えるべきことに集中して、本来の達成したい目的を忘れず、少しでもいいアイデアを思いつく確率を高めていきましょう!

今回はUSJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?解説しました。
冒頭で述べたとおり、ノウハウだけでもなく、リアルな体験談が書かれているの読み物としても本当におすすめです ! 

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか? (角川文庫)
お金がないならアイデアを振り絞れ! 後ろ向きコースター、ゾンビの大量放出、&...

最後に、私は以下目的として投資を行っています。

目的 手段 comment
資産最大化

インデックス投資 つみたてNISA eMAXIS Slim 米国株式と妻の口座でeMAXIS slim 全世界株式に投資中。
主に教育費用に充てることが目的。
企業DC 手数料の安い全世界株式を対象とした投資信託に投資中。老後に向けた資金拡大が目的。
投資信託 妻と共同で作った貯金を基につみたてNISAとは別枠で投資を検討中。
老後に向けた資金拡大が目的。
暗号資産
(仮想通貨)
ビットコイン,イーサリアム,XRP,ライトコイン,ビットコインキャッシュに投資中。
老後に向けた資金拡大が目的。
キャッシュ
フロー拡大
本業収入UP

給与の最大化を狙い、日々スキルUP!

高配当投資

配当金を目的とし主に連続増配株を狙って米国株、日本株、ETFに投資中。
最小限資金で最大限のリターンを得れるように銘柄分析を勉強中。

トレード FX

トレードの収益を株式に配分することが最終目標。
現在修行中。

最後に、投資効果を最大化するには投資への入金力(種銭、余剰資金)が欠かせません。
入金力の最大化は、まずは自分の現状(収入/支出)を把握し行動の改善に結び付ける必要があります。

現状を把握するために必要な家計簿、ポートフォリオ管理アプリについて以下記事にて解説しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

ju-niもマネーフォワードME(注意)も無料で利用することができます!!

マネーフォワードME初回登録された方に限り、”30日間無料でプレミアムサービスを利用することが可能です”。
 
 
 

少しでもこれから投資を始めたいと思う方の参考になれば嬉しいです。

ではまた!

”歩いた道こそ武勇伝”

コメント

タイトルとURLをコピーしました