ビジネススキル

日本株、米国株個人投資家におすすめ!ポートフォリオ管理WEBアプリ ”ju-ni”

ビジネススキル
この記事は約7分で読めます。

 

私は老後資金準備、お小遣いUPを目的として投資を実践しております。

 

 

目的 手段 comment
老後向け資産最大化

積立NISA S&P500をベンチマークとするeMAXIS Slim 米国株式に投資
企業DC 手数料の安い世界株の投資信託に投資
暗号資産
(仮想通貨)
ビットコイン,イーサリアム,XRPに積立投資
お小遣いUP 高配当投資 高配当を狙って個別株、ETFに投資
趣味 FX 資産拡大を目的とせず、趣味で投資

 

 

 

上記投資の種類に応じて複数の口座を活用しており、基本的にはMoney forwardで一括管理していますが、セクターごとの集計や配当金見込みなどは自ら集計する必要があります。

 

 

では、自分で集計すればよいではないかという話になるのですが。。。。

 

単純にめんどくさい

 

四の五も言わずしっかりやれよとツッコミを受けて仕方ないほどめんどくさがり屋なのです…

 

自分で集計するとなると、保有している株価や配当金等を調査、情報をまとめるだけでも時間と労力を有します。更に、米国株であれば為替,配当入金時期などを考慮する必要があるなど…etc

 

考えただけで、PCを立ち上げることさえも億劫になってくる…

可能な限り、手間をかけて自分のポートフォリオを管理したい…

 

 

そんな要望に応えられるWebアプリがあります!しかも、無料で‼

 

それはポートフォリオ管理Webアプリ ”ju-ni”

 

今回はju-niについて、使うべき理由、登録~設定方法について解説します。

 

 

 

 

 

ju-niとは?

 

ju-niとは、しよこさんという個人の方が作った、個人投資家のポートフォリオ管理Webアプリです。

 

Webアプリなので登録してしまえば、PCやスマホ等デバイスを選ばず、インターネットがつながる環境さえあれば、簡単に自分のポートフォリオの状況を見ることができます。

 

名前の由来は資産(4×3)=ju-ni(12)から来ています。

 

 

ju-niを使うべき理由

 

以下3つあります。

 

時価計算ができて、タイムリーにポートフォリオの資産状況が把握できる。

 

繰り返しになりますが、Excelやスプレッドシートを使って自分で管理するとめんどくさいという感情が出てしまします。

 

なぜめんどくさいのか?

 

自分で株価や為替等の情報を集計してまとめる作業が億劫になるからです。

 

その点、ju-niであれば購入単価、数量をインプットすれば、あとは最新の株価や為替を反映して資産状況をリアルタイムで把握することができます。

 

 

暗号資産(仮想通貨)もポートフォリオに加えることができる

 

 

暗号資産はマネーフォワードMEでも集計されますが、現金に分類され、前日比などが見ることができません。

 

 

 

ju-niでは暗号資産をポートフォリオに追加できる機能が最近追加されました。

 

 

ポートフォリオに加えれば、資産状況や前日比を把握することができます。

 

 

資産推移、配当金が見える化できる。

 

ju-niにおいては資産推移、さらには配当金について見える化ができます。

 

具体例を出しますと、

 

このように自分のポートフォリオのセクター表示やリターンについて各指数を比較することが

できます。

 

 

 

配当金については、年間配当、月別配当金が見える化できます。

 

 

 

 

更に、自分のポートフォリオの配当利回りも自動的に算出することができるのです。

 

 

 

 

マネーフォワードMEにも資産推移がわかる様になっていますが、上記のように更に細かく把握

することができない為、個人的には一番便利な機能だと思います。

 

しかもデザインもわかりやすい。

 

配当金を目的として投資している個人投資家がju-niを使わない手はないと思います。

 

 

 

 

ju-niの登録方法

 

こちらよりju-niのアカウントを登録できます。

 

 

43juni:ポートフォリオ見える化サービス
個人投資家のためのポートフォリオ見える化サービス。日本株・米国株・外国為替・仮想通貨に対応。

 

 

登録方法は、メール・Twitter・facebookがあり、いずれかの方法にて登録します。

 

 

 

 

ju-niの使い方

 

 

基本的な使い方についてです。

 

 

まず登録できるものは、日本株、米国株、ETF、暗号資産(仮想通貨)、FXが登録できます。積立NISAなどの投信信託は登録できないのは注意が必要です。

 

 

操作方法は至ってシンプル。

 

 

 

 

証券会社を入れて、銘柄コード、株数、購入単価を入れるだけ。

 

ここで、マネーフォワードMEと合わせて使うとより便利になります。

有料機能となりますが、マネーフォワードMEでは、個別株の購入平均単価、株数を一覧で表示できます。

 

 

 

各証券会社で表示することができますが、マネーフォワードMEであれば、情報をまとめる時間を節約することができます。

 

 

 

 

ここで注意点。

ju-niは投資信託は登録できません。

 

 

繰り返しになりますが、登録できるものは、日本株、米国株、ETF、暗号資産(仮想通貨)、FXです。

 

投資信託は登録できません。

その為、積立NISAの銘柄は登録できません。

 

すべてのポートフォリオを登録できることではないことは注意が必要です。

 

ただ、私は上記を差し引いてもju-niを活用する価値はあると思います。

 

 

ju-niとマネーフォワードMEは無料で始められて、日本株・米国株、暗号資産を投資する個人投資家のポートフォリオ管理に最適解‼

 

 

ポートフォリオ管理は資産運用を行う上で非常に重要です。

 

ですが、、、

 

自分ですべてをやろうとすると時間や手間が掛かります。

 

 

少しでも手間をなくす上で便利なポートフォリオ管理Webアプリ”ju-ni”。

ぜひマネーフォワードMEと合わせて使うとより便利になります。

 

【ju-ni登録はこちらから】

43juni:ポートフォリオ見える化サービス
個人投資家のためのポートフォリオ見える化サービス。日本株・米国株・外国為替・仮想通貨に対応。

 

【マネーフォワードMEはこちらから】

 

マネーフォワードMEは初回登録された方に限り、”30日間無料でプレミアムサービスを利用することが可能です”。

 

【出典:マネーフォワードME】

 

無料期間が過ぎると自動更新して翌日より課金されるため、利用されない方は自ら更新停止を実施してください。

 

Security check

 

 

 

どちらも無料で活用できるので、実際に使ってみて、ぜひご自身に合うか試してみてください!

 

少しでもポートフォリオ管理に悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

 

 

 

ではまた‼

 

 

 

”歩いた道こそ武勇伝”

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました